勝てるデザイン|前田高志

「勝てるデザイン」を読んで

こんにちは!Ayakaです。
本屋にふらりと立ち寄って、手にした「勝てるデザイン」について綴ります。

本屋にてパラパラと試し読みしていると、以前Twitter経由でnoteを拝読させていただいたな…ということを思い出しました。

しかも内容が…

「控えめに言って、面白い…!」

すぐに前田高志さんの世界に引き込まれました。
これは、一読しなければ…!とすぐさまお家につれて帰りました。

クリエイターの内側にあるものを言語化してくれている感動と同時に、これを読んだ人はこう思ったのではないか?

「なんだ、ただのすごい人か…(´・ω・`)ふ…」

なぜそう思うのか?

著者が本の中で「ぼくは凡人である」と述べているからです

いや、ごめんなさい、わたしはそうは思えなかった。読んでいるだけでも「すごい人」だとわかります。

すごい人って自分のことを当たり前のように「凡人」といいますよね。とはいえ、学べることが山程あります。

恐れ多くも、「それわかる!」という内容も記載されてありまして。

たとえばこういうもの。

デザインだけではなく、企画そのものを考える意識を持つ。

「聞いて!聞いてくれください!」

(これ、私会社員時代からやってたよ!)とひとりでドヤ顔しながら読みました。

「企画・制作」という部署にいて、自分が楽しくないと手が進まないからという理由も相まって、企画提案とかよくしていた気がします。

図々しいわたしは、会社の組織のあり方にも口をだしたり相談したりして。笑

思考量はデザインの質に必ず比例するということ。

考えていないわけではなかったけれど、

「うぐ!」と唸り

早速このサイトもイチから見直して、キャッチコピーなど練り直しました。まだまだブラッシュアップできる箇所はたくさんあるけれども、まずは形にして数値などを踏まえて改善していこうと思っています(これがWEBデザインのいいところですよね)

たくさん書きたいことはあるのですが、ひとことで言わせてもらうと

デザイナーは読んだら楽しいし「やべ、がんばらnight」と思うだろうし、
デザインしない人も一読いただけるとデザイナーの見えない苦悩をしることができるのではないか、と思います。

まずは文章力を身につけるべく、粛々とブログを更新していこうと思うのでした。(ひっそりと運営中のブログもありますが…|ω・`))

2000 1500 Ayaka@Designer